いろいろな和紙のかたち


和紙ギャラリーの和紙は、色やかたちも様々です。
素材としての和紙、タペストリーになっているものや、あかり。
横糸に和紙を織り込んだ紙布(しふ)、アクセサリーなどの小物まで。

かつては障子紙が主な使い道だった和紙を、長く、そして身近に使って欲しいから、
和室だけでなく洋間にも、特別でなく日常にも、自然と溶け込める作品を制作しています。

画像クリックで大きいサイズがご覧になれます。




オーダーメイドの和紙づくり


和紙ギャラリーでつくる和紙は、漉く寸前までの製法は伝統的な和紙と同じ。
原料となる楮の仲間・かじの木の枝を蒸して、皮をむいて、さらして、選んで…
漉くときに繊維や糸を入れたり、色を付けたり、形を変えたり…と様々な手法を使います。

お客様のご希望を聞いて、世界に一つだけの和紙をご提供します。
新築などのお祝いや、壁紙・ふすま紙などの建築材、インテリアなどに。

※用途・ご希望・ご予算のご相談はお気軽にどうぞ。

画像クリックで大きいサイズがご覧になれます。




素材としての和紙


染料や柿渋で染めた、色も大きさも様々な蒲生和紙。

お好きなものを小さいタペストリーや明かりに仕立てたり、
ちぎり絵や切り絵、押し花の背景や人形作りに。

和紙ハガキで絵手紙にしてみたり、
和紙のレターセットで、はんこを押した和紙ハガキで、
ぜひ和紙のあたたかみを大切な方へお手紙で送ってみませんか。

画像クリックで大きいサイズがご覧になれます。